狙いは50cmオーバーの口太グレ良型乱舞浅海のカセマニアックなウキ釣りのグレ

浅海のグレの釣り方

グレ狙いの朝一番は、標準的なタナからスタート

浅海のカセ釣りで狙うグレ釣りは、縦の釣りで、流しながら横を探っていくような釣りではありません。

それに、ここのグレは、海底のシモリに付いていることは想像の通りと思いますが、カセの下に付いていると見て、間違いないと思います。

浅海の波止
(この波止の捨石が大島フィッシングの浅海奥のカセの波止側のカセのトイレのラインまで入っていると言われてます。)

波止釣りでは、基礎になっている捨石に魚が付くことが一般的で、「下手な人ほど前を釣る(遠投して釣る)」って格言もあるくらいですが、カセ釣りも、どうも、この格言と同じか近いと見てます。カセの下を狙いの中心にするので、前に仕掛けを出しても、あまり良い釣りにはならないってことですね。

ただ、水温の低い時期などは、波止側に遠投して捨石とタイトに狙うのは有力であるらしい。(これは試してないので、なんともいえませんが・・・)

では、僕がホームグランドにしている大島フィッシングの浅海奥のカセのグレ釣りの標準的な朝一番の狙いタナを見てみましょう。

  • 浅海の波止側のカセは、トイレの横から波止側で12m程度
  • カセの中心から後方は15m程度
  • 沖側のカセは、15mからスタートして、底狙いがメイン
  • これで、エサの取られ方などで、10mから20mの間で、カセの影(下)を狙う

エサトリが居るタナが活性のあるタナと見てますが、このタナをドンズバで釣るか、上を釣るか、その下を釣るか?磯の上物なら、エサトリの上が基本と思いますが、このような常識的な基本は、浅海のグレ釣りには通用しないようです。

タカベがエサトリの場合は、タカベの下にグレは居ることが多く、エビエサを使用しないので、タカベはスルーできます。と言うわけで、こういう場合は、エサトリの下を釣る方が得策と言うことですね。

朝一番に釣れる良型グレ
(タカベの層の下を狙って釣れた40cmほどのグレ。このサイズでアベレージなので、ビックリです)

アジと子イサギは、グレのタナと合致していることが多く、子イサギの活性がそれほどでもなければ、やっぱり、これらのエサトリの下を狙うような釣りになることが多いです。

ただ、潮の状況がよい場合は、やっぱりグレは浮いてきます。その場合は、10mくらいのタナで釣れることが多いので、こまめにタナを探りながら釣る必要があります。

尚、底狙いは、気をつけないと、根掛かりがうるさいです。浅海波止の表側は、直ぐ出雲崎で、双子の親の灯台も見える所です。波止が無いときは、ここも潮通しの良い水道だっただろうし、底はシモリが点在してます。

仕掛けを入れる際の注意点

とにかく、浅くても10mで深ければ20mと、タナが深いので、ウキ釣りの遊動仕掛けは絡み易いのが、この釣りの困った問題点の一つと言えます。

しかも、前に放らないので、オモリを支点にして、ハリスも道糸の直ぐ横を垂直に落ちる感じになるし、スピニングリールを使用していれば、道糸に適度な拠れも発生するので、これが、仕掛け絡みの元になります。

対処法は・・・

  • 仕掛けを振り込む際は、やや遠投して、そのまま、狙っているポイントの潮上まで一気に引っ張ってくる
  • サシエのペレットのつけ方は、センターからハリスが出るように、回転しないようにキチッとつける
  • 撚れの少ない良軸リールを使用するのも有力

前項でも書きましたが、仕掛け絡みを少しでも少なくするなら、ハリスにガンダマを打つこと、あるいは、短いハリスを使うことも有力で、18mから下のタナ釣る時は、ここいらの細かい小技を入れてやった方が釣果は上がると思います。(10m~12mであれば、ガンダマは1個で良いと思いますが、潮によるかも?です)

マキエサの乾燥ペレットは、仕掛けを入れるタイミングで、一掴み撒けばよいですが、撒く位置は、カセから1m~3mくらいまでで、ウキの流れを追いかけて撒くのはNGです。

とにかく、カセの下にマキエを利かせる事が得策で、ピンポイントにリズム良く、コンスタントに撒き続けるのがコツです。

良型グレ
(日が上がって一息ついたところで時合いになるときは、サイズも上がってくる。43、4cmクラスの良型で、このクラスから引きは強烈でかなり面白いです)

エサトリが多い場合は、基本は、タナを上に上げますが、下を釣るのも有力で、グレの活性が上げって来れば、エサトリは少しは大人しくなるし、マキエでマダイを呼べれば、サシエが残って上がってきたりします。サシエの残り具合とかには、細心の注意を払いたい所です。(残っているかどうか、リールをゆっくりと巻いて上げてこないと、残っていても、途中で(サシエが)切れることがあるので要注意)

アタリがあった場合は、ペレットは練りエサの釣りでもあるし、遅アワセが基本です。

本命は、居食いのようなアタリも出しますが、大半の場合、穂先まで持ち込むような力強いアタリを出してきます。走られてパーになるようなシモリも海底だけなので、(針を)飲ませるくらいでちょうど良い掛かり具合になると思います。仮に飲まれても、口太グレとマダイがメインターゲットのこの釣りでは、歯でハリスを切られることは、ほとんどありません。

知っておきたい豆知識

浅海の奥のカセは、色々な複雑な潮の動きをします。浅海の波止には、外側に通じる穴が空いているし、苗我島の水道は、結構なスピードで潮が流れることが多く、この強い流れがこんな湾奥の水を引っ張る所まで影響します。なので、湾奥とは言え、結構潮は動きます。

底図
(全体図のイメージですが、大体こんな感じと思ってます。潜ってみたわけじゃありません・・・^_^;)

波止に向かって潮がいく場合は、12mから10mくらいの浅ダナで釣るのが基本で、波止側のカセのトイレのラインが波止の捨石の最終ラインになっているらしいので、トイレより波止側にウキが流れる時は、思い切って9mから10mで狙って吉と出ることが多いです。

また、逆向き(串本向き)に流れる場合も多く、この場合は、底に意識を持っていきながら、タナを決定します。18mや21mも探る必要があります。

良型グレ
(沖側(串本向き)に流れる潮で底狙いで待っている図。この時は、時合いをモノにして5枚ほど出せました)

波止に沿って、東西に流れる場合は、潮上側を釣れば、カセの下を釣り易く、この場合は、ズボフカセの仕掛けが勝ります。これも、エサトリが多いかも?ですが、タナでかわしていくようにします。

エサトリがあまりに強烈な場合は、ウキ釣りの場合、東西方向に遠投して釣りをせざるを得ないですが、18mくらいのタナを取って、遠投した場合、沈みロープに道具を取られることがあります。要注意です。(これは、底潮の流れによっては、全然引っかからない場合もあります)

また、日が昇ってから、近くのマグロの養殖筏にエサをやりに来ることも多いですが、このタイミングから食いだすことも多いです。活性が一気に上がってくる感じで、このタイミングは、出来るだけ道具は入れておきたいタイミングです。ちょうどお腹が空いてくるタイミングでもあるし、眠気が来るタイミングでもあります。食べたり寝たりしているヒマ無いわけです。(笑)

終わりに・・・

まあまあ釣れました・・・笑とにかく、浅海のグレは、「カセからのグレ釣りで楽釣・・・」なんて思わないで、気を抜かない釣りをした方がよいと思います。

ペレットエサで、2キロオーバーのグレも狙えるし、中エビを付ければ、コロダイの可能性もあれば、大型のマダイの可能性も秘めているポイントです。

磯からのように、あっという間に、瀬に仕掛けが当たって、「はい、さいなら!」ってこともないし、少々大きくても取れることにこの釣りの魅力があるとも思います。

当サイトを参考にして頂いて、是非とも、良い釣りをご経験ください。ぜひ、大島フィッシングでご一緒しましょう。では・・・

新着情報

2013年7月16日
浅海のグレ釣り専門ウェブ<串本かせ釣りマニア>を立ち上げました

当サイトはカセからのウキ釣りのグレ釣りを紹介しております。カセ釣りということで、通常の磯釣りのグレ釣り情報とは、少し異なったノウハウ等を紹介しております。ご了承ください。

Copyright(c) 2013 Kaisingeki Web Service All Rights Reserved.