狙いは50cmオーバーの口太グレ良型乱舞浅海のカセマニアックなウキ釣りのグレ

基本タックルと仕掛け

ウキ釣りの道具

浅海のカセから釣るグレは、50cmオーバーも十分に狙えるグレ釣りです。グレの他にはマダイもあるので、船から狙うグレ釣りとは言え、あまり道具を落とすのは得策ではありません。

推奨の道具を見てみましょう

  • ロッドは磯竿の1号~1.2号でズームロッドか5mのもの
  • リールは、スピニングリールの2500番程度
  • 道糸2.5号から3号
  • ハリスは3号を中心にその前後
  • 針はグレ針の6号から8号
  • オモリは1号~3号でメインは2号
  • ウキは棒ウキで1号、2号、3号
  • ガンダマG2~B

カセからのグレ釣りなので、磯竿と言えども、長いものより短いものの方が取り回しがよくて重宝します。3.9mくらいの物があれば良いですが、最近では高品質の磯竿では、短くて5m、ズームロッドの場合で4m85cmなどの長さがほとんどと思います。僕は4.85mでやってます。

ウキ釣りスタイル
(BB-X SZの1号にテクニウムの3000番。このバランスで多少の大物はやり取りが可能です)

号数は、1号~1.2号と少し柔らかめですが、ターゲットは口太グレであるし、大きいと言っても、カセからの釣りで水深が20m以上あるところを釣るわけで、多少は糸も出せます。なので、1号から1.2号くらいで、少しスリルのあるやり取りが面白いです。

リールは、スピニングリールがウキ釣りは重宝します。レバーブレーキは付いていても、付いていなくてもどちらでもいいですが、昨今に上物の道具なら付いているものが普通でしょう。

道糸は、磯釣りのグレ釣りならば、1.8号とか選ぶ場合も多いですが、流して釣る釣りではないし、良型のマダイなども外道で当たってくることを考慮すると3号を中心で十分です。ハリスも同様の考え方で、「細くする理由」が「スリルを楽しむ」以外に見えたりません。

3号の船ハリスで十分
(磯釣り用のハリスを選ぶ必要も無い、船ハリスで十分で、これでいくらでも食ってきます)

必要以上のライトタックルで、格好をつけてバラしてしまっては、こういう流れがハッキリしない釣り場では「それまで!」になることも多いし、獲物を釣り上げることで活性も上がったりしますから、バラさない道具立てが重要と思います。

同じような考え方で針も6号から8号で、エサが練りエサ(ペレット)なので、これ以上小さくする理由も無いように思います。

ウキウキは、2号がメインで、3号を使用することもあります。使い分けは・・・

  • タナが12m(8ヒロ)から15m(10ヒロ)の時は2号をメイン
  • タナが18m(12ヒロ)から21m(14ヒロ)と底狙いが中心となるときは3号
  • タナが6ヒロ半(約10m)まで釣れるような時は1号

僕はこういう感じで使い分けてます。

いずれにしても、仕掛けを振り込む際に、シッカリと伸ばして落としていかないと、ハリスが道糸に絡んでしまっては、全く食いが立ちません。特に、深ダナを狙う際には、絡むことが多く、スピニングリール特有の道糸の拠れが、かなり釣りを邪魔します。

対処法としては、

  • 1号~2号のウキ使用時はハリスを1ヒロとって、真ん中にガンダマ1個(G2からB)
  • 3号ウキ使用時は、ハリスを1ヒロ取るならガンダマは段ウチにするか、思い切って80cm以下の短いハリスを利用するかです

仕掛けの拠れは、サシエのつけ方なども原因になります。ペレットを玉状にして針につけますが、玉の中心からハリスが出るようにして、極力落としながら回転しないようにつけるのが重要です。アオサなどは、めちゃくちゃ回転し易いので、仕掛けを入れて、ウキが立つまでは、上手に道糸を送り込んでいく必要があります。

ズボ釣りの道具

串本のカセのグレ釣りは「ズボフカセ」と呼ばれる、ちょっと変わった釣りがあります。ズボで狙う以上、フカせてないやろ?とは思いますが、完全フカセの道具にオモリをつけて、竿下を狙うような釣りです。

ズボ釣りでグレ(名手森下氏)
(常連の森下氏はズボフカセでグレを狙う名手。過去には、もちろん50アップの実績も持っておられます)

どのような道具を選択するべきでしょうか?

  • ロッドは海上釣堀のマダイ用のロッドが取り回しが良くて良い
  • リールは、両軸リールで2号から3号のフロロカーボンの道糸が150m程度入るもの
  • 道糸は、フロロの3号。ハリスは、同じく3号
  • オモリは、0.8号から2号までで、サルカン内臓のオモリ
  • ガンダマはG2~Bでハリスに打つ

この釣りは、とにかく、タナの切り替えが早いのが特徴です。ウキが付いてないから、ウキ下を設定しないし、ウキ止めの糸をつけないでいいこともあって、道糸の劣化が、ウキ釣りに比べて、全然マシです。

カウンター付きのリールを使用しない場合は、リールから糸を出しますが、手元で1回で50cm程出して、それを、どんどん送っていきます。20回で10m、40回で20mとかカウントしながら入れていくわけですね。

使用するオモリは、狙うタナによって変えると良いですが、そこまで、こまめに仕掛けの交換も出来ないですから、1号のオモリを中心にして、その前後は、ある程度、狙いのタナが決まってから使うようにすればよいと思います。

その他の釣り具

常備されている釣り具や、持っておきたい釣り具などを紹介します。徐々に、揃えるようにされても十分と思います。

  • タモ、バッカンになる小型のすのこは常備されています
  • スカリは、筏用のスカリが重宝します
  • クーラーは必要です。飲み物を入れておくのと、アジ、マダイなどが釣れたときには、即座に潮氷にした方がよいためです
  • ロッドキーパーはラーク社「チビラーク」で事はたります。
  • 水汲みバケツは、ネットの蓋付きの物が重宝します。
  • 尻手ロープ2本程度

子アジとか良く釣れますが、これを活かしておいて、ヒラメやメジロやアオリイカなどが狙えます。アジバケツを使わないでも、ネットの蓋付きの水汲みバケツで、カセから吊るしておけば、エサの鮮度は保てます。

ズボ釣りでは、置き竿で釣る事が大半ですが、尻手ロープをつけて無いと、竿が引っ張り込まれます。これはラークに掛けておいても同様で、尻手をつけて無いと、チビラークでは、ロッドを持っていかれることがあります。出来るだけ、持参するようにしてみてください。

新着情報

2013年7月16日
浅海のグレ釣り専門ウェブ<串本かせ釣りマニア>を立ち上げました

当サイトはカセからのウキ釣りのグレ釣りを紹介しております。カセ釣りということで、通常の磯釣りのグレ釣り情報とは、少し異なったノウハウ等を紹介しております。ご了承ください。

Copyright(c) 2013 Kaisingeki Web Service All Rights Reserved.